イタリア行きたい。

おおよそ誰の役に立たないブログを書いています。

人生最悪のタイミングに恋愛の舵取りを始めてしまった件について

あーんなに散々と、婚活婚活と言って自分でありますがここに来て大きな局面を迎えることとなっています。

続きを読む

夏の終わりにささやかな抵抗をした話

夏が終わってしまう。

 

あんなに暑いと感じ、あんなにけだるいと思っていた夏だが、終わってしまう。

 

思えば楽しい夏だった。

 

友達と筋トレに燃え、仕事は自分のペースで終えることができ、ボードゲームの合宿もあった。友人の結婚式に参加し、合コンにも行った。もちろんのこと、デートにも行った。高校の同級生や後輩に再会したのもいい思い出だ。

 

思えばこの夏が一番楽しかったのかもしれない。

 

長野県に就職してから、転職で地元に戻ってきた。必然的に友人に会う頻度は高くなった。なんて充実した夏だったんだろうか。

 

しかし、

 

夏が終わった。

 

人間とは欲張りな生き物だ。愚かである。失わないと今持っているものに気付くことができない。なんて愚かなのだろうか。

 

そんな私は夏の最後にささやかな抵抗をすることにした。何も考えずに後輩を拉致して車を走らせた。何も考えていなかった。

 

体は動いていた。お金など知らない、時間など知らないのだ。衝動に駆られるままに俺は車を走らせた。

 

先先週の土日は石川の先っぽに行った。何もしなかった。

 

こないだの土日は四国に行った。何もしなかった。

 

何もしないことをしたのだ。

f:id:karinoid117:20190903121216j:plain

したのだ。

 

無駄に有意義だった。ささやかな抵抗だった。

 

なんの目的もなく、そこへ行くことだけを考えた。

 

だって明日からは仕事なんだもん。何も考えたくないんだ。

 

だから僕は車を走らせたんだ。

 

周りの人は私を馬鹿だというだろう。

 

周りの人はもっと有意義なことをしろというだろう。

 

ということで夏休みを満喫しました。

 

おしまい。